本文へスキップ
電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090−3512−6748

コラム

セルフケアのすすめ

温泉イメージ

自分でケアする大切さ

 病院へ行くほどではないにしても、何となく今までと違う・・・一晩寝ても疲れが残っている、不安やイライラ憂うつな気分になったり、心配事があって眠れない。そんなことはありませんか?
 『無理していますよ』とあなたの身体がサインを送っていると感じてください。自分自身のちょっとした変化に気付いたら、積極的にご自分をケアすることがとても大切です。

ちょっとした心掛けで、心の病気は予防できるのです。

お休みしましょう

 職場で継続的に仕事を行うよりも、定期的にきちんと休憩を取る事によって、効率よく仕事が進むものです。
 いつもフル回転で動き回っている人は特に気をつけましょう。疲れを感じる暇も無いほど多忙なときこそ、時には深呼吸をする事もお忘れなく・・・良質な酸素を充分取り入れることが私達のこころと身体の健康を保つ為にはとても有効です。
 また、少し具合が悪くても『自分がいないと会社の仕事が滞ってしまい、周りの人に迷惑を掛けてしまう』と思い込んで決して休まない、責任感のある人ならそう思うことも当然です。しかし無理を重ねた結果、一番大事な時に倒れてしまうことや、最悪取り返しのつかない状況になってしまうことを考えてみたことはありますか。実際病気で会社を休職されていた多くの方が『自分がいなくても職場は何とかなるものだと知った』と仰っています。あの時に無理をせずに早目に休むことが出来ていたら・・・そうです、自分を大切にする事が結果的に責任を果たすことに繋がるんですね。

疲れを感じたら積極的にお休みしましょう。

リラックスしましょう

 私達は毎日の生活の中で様々な刺激を受けていますが、対処できないものをストレスと感じています。そして知らず知らずのうちに肩に力が入り、背中までパンパンに張っている方も多く見受けられます。例え5分でも10分でも構いません、自分にとって心地良いと感じられてリラックスした時間を過ごす事を心掛けてください。ご家庭で好きなCD,DVD、ビデオ等をゆったりと鑑賞する事や、アロマオイルや入浴剤を使ったバスタイムを楽しむ事でもリラクゼーション効果は得られます。また両手で握りこぶしを作り肩すぼみをしたまま10秒間力を入れて一気に力を抜く(筋弛緩法)、意識的に筋肉を緩める方法も短時間でとても効果的です。
 時間を作り温泉地へ出掛けて美味しいご馳走をいただく事、露天風呂に浸かり日常を離れる事や、エステティックルームやマッサージを利用されてもかなりの効果が期待できます。

身体の力を抜いて、リラクゼーション感を充分味わいましょう。

楽しみましょう

 ご自分にとっての楽しみごと、あなたはいくつありますか?充実した人生を送るために必要な4要素 『仕事・遊び・学び・愛』を楽しんでいますか?お酒を飲みながら友人とおしゃべりすること、年に一度海外旅行へ行くこと、緑の中で仲間とゴルフを楽しむこと、デパートでのウインドウショッピング、図書館での読書、気に入った雑誌の切り抜き等々
 人それぞれ楽しみごとは違っていても、ひとりで、複数で・・・有料で、無料で・・・年に一度、月に一度、週に一度、毎日、とそれぞれの単位での楽しみごとを増やして実行しましょう。そして今まで楽しめた事が楽しめなくなっている時にはゆっくりお休みするサインと感じてください。

自分自身の楽しみごとのリストをつくりましょう。


自分にごほうび

 

自分に優しく、自分を大切にしながら毎日を過ごしましょう

ハードな生活を送っていませんか?

 電車に揺られながら、或いは車のハンドルを握りながら、たくさんの洗濯物をたたみながら『あ〜ぁ 疲れた』と、思わずつぶやいている 彼方も、貴女も、そしてあなたも・・・『本当に一日お疲れ様でした。』と、人から声をかけて貰えることってどれくらいあるのでしょうか?

 社会人として会社で働くことは当たり前、満員電車も当たり前、渋滞に巻き込まれることも想定内、最低限の家事も・・・もちろん行いながら、これって良く考えると結構ハードな?いいえ、相当ハードな生活を送っています。

自分で自分にごほうびの習慣

 職場の上司や同僚、家族にひと声かけるように、一日頑張ったあなたの心と身体に、優しい言葉のシャワーをかけて差し上げましょう。『ふぅ〜疲れた』のその後に『今日も一日良く頑張ったね。』とねぎらいの言葉をプラスすれば、自分で自分にごほうび・・・の習慣です。

 普段より少しだけ余分に頑張った自分を褒めてあげたいときには、自分の為に少し奮発して・・・カフェで過ごすコーヒータイムに、いつもは我慢のケーキセットや、缶ビールのグレードを少しだけUPしてみるだけでも、結構気分の良いものです。

当たり前の日常の繰り返し

 褒められることと叱られること、比べてみたらあなたはどちらが好きですか?多分『叱られること』とお応えになる方は少ないのではないでしょうか。最近『褒められて伸びるタイプ』等とご自分を表現される方や、『褒める効果』についての本がたくさん書店に並ぶようにもなりました。

 それでは・・・褒められる事がどれだけ多くなっているか?というと、少し疑問があります。仕事は出来て当たり前、家事もやって当たり前の日常の繰り返しです。

 
こんな事がありました
 仕事と家庭の両立について悩む、共働きの男性とのカウンセリングの中で
『僕が子供を保育園へ連れて行くと、他のお母さんたちからご主人偉いわねぇと言われるけれど、母親が送って行っても褒めては貰えないんでしょうね』という言葉がとても印象的でした。
 確かにそう、母親は保育園に送って行って当たり前、満員電車に揺られて毎日会社へ出勤する男性も、当たり前に映ることも大きくうなずけます。
どちらも到達するまでの苦労といったら・・・想像を絶するところがあります。

自分を大切にすることで周りにも優しく

 褒めてもらえればそれに越したことはありませんが、一人ひとり、み〜んなそれぞれ頑張っているのですもの、褒めてもらえないことに寂しさを感じていないで、
自分で自分を褒めて差し上げくださいね。
毎日良く働いているあなたの『手』や『足』『髪』を撫でながら
『頑張っているね』って、優しく声をかけてみましょう。

 
自分に優しい言葉をかけること、
そして、自分にやさしく出来る事(自分にごほうび)をたくさんしてみましょう


 公園を散歩すること
 好きな音楽を聴くこと
 お気に入りの香りのお風呂にゆっくり浸かること
 自分のために花を買うこと
 家族とゆったり過ごすこと
 一人だけの時間を楽しむこと

 たくさんたくさん見つけてみてください。そして、忙しい日常に追われて、自分の事はついつい後回し・・・になりがちなあなたも。せめて休日は家族とのんびり過ごしたい、けれども仕事が優先・・・そんなあなたも。

自分に優しい言葉をかけること、自分に優しく出来ること、自分を大切にすること、実はそうすることで、周囲の人のことも大切に出来て、優しくなれることを感じてみてください。あなたと、あなたの隣にいる大切な人のために・・・


店舗写真

information店舗情報

オフィスAKIYAMA

TEL.090-3512-6748
→アクセス

 

サブナビゲーション